遠藤 寛明

「やりたいことを具体的な形にして、行動に移していくことが必要」

QUESTION01

LAND SCOOPに入社して変化したこと

当社に入社する以前は、従業員という意識のもと、上から言われたことをただ作業するように仕事に取り組んでいました。そこではトップダウンで仕事の流れが決まっていましたが、当社では「どんどん意見を言ってくれ」と言われ、自分の考えが反映される環境です。当社は新しい会社であり、古い慣習・しきたりや決まりはありません。また、会社の熱量が他社と異なり、一緒に働いている周りのメンバーも前向きで、常にアグレッシブに仕事をしていますので、私も良い影響を受けて仕事をしています。このような環境で働けることが当社の魅力だとも思います。

QUESTION02

LAND SCOOPが提供できる価値

お客様にご提案させて頂く際、家を持つことはお金がかかり、現状の収入では購入できないだろうと考える方も多いです。最近でも、お客様と初めてお会いした時、ご自身が家を持つことを諦めていました。お客様のライフプランに沿ったご提案をさせて頂いた際、お客様も家を持つことができると分かり、そのことをとても喜ばれていました。お客様の喜ぶ顔を見て、この仕事をやっていて良かったなと思いました。家を持つことは資産を持つことでもあり、お客様の将来の人生を考えるきっかけを与えることもできることに、やりがいを感じます。

QUESTION03

熱い人生を送るには

やりたいことをきちんとやること。今の世の中は未来を予測しにくいので、漠然とやりたいなと思っているのではなく、やりたいことを具体的な形にして行動に移していくことが必要だと思います。まず目の前のことを一つ一つクリアすることで、後から振り返ると自分自身が大きく成長しているのではないでしょうか。仕事もプライベートでもやりたいと思ったことを実行していくこと。そうすれば熱い人生を送れると思っています。

QUESTION04

2026年の上場に向けて

一言で言うと「猪突猛進」です。どんな状況であっても前進あるのみだと思っています。大切な資産をご提案しているので、後ろ向きになることなく仕事をしていきたいと思っています。上場企業の会社を見ているとしっかりされており、他の会社の見本となるような会社でいたいと思っています。また、最近は会社に入社してくれる方がどんどん増えています。新しく社員となる方が自信を持って仕事ができるように、しっかりとした教育や環境を整え、自分が手本となれるように技術や知識を磨いていきたいと思っています。

TOP
TOP